千本格子の家

斜面に計画されたI様邸は、1階部分がRC造の駐車場と玄関、シューズクローク。2階と3階が木造となっています。

玄関にあるスイッチ一つで全部屋の電気をオンオフ可能になっているのはとても便利です。施主支給のキッチンや暖炉も

素敵な空間を演出しています。和室と畳敷きの書斎には、土佐和紙が壁紙として使われています。貼るのが難しく

貼り直しが きかないものなので、職人が苦労して仕上げました。子供部屋のすぐ傍には並んで座れるスタディスペースがあり

バルコニーにはエキスパンドメタルが使用されています。真っ黒な外観には縦格子を使用し、この名称が付けられました。

設計 TAS高橋洋臣e久美1級建築士事務所

←BACK     HOME     NEXT→